婦人

腎臓病の食事療法は大変|便利な宅配サービスを利用しよう

尿を酸性化させないこと

ご飯

痛風の人は、プリン体の摂取にばかり注意を払いますが、アルカリ性の食品を摂ることも考えましょう。ただ、食事を毎日作り続けるのは予想以上に大変です。なので、痛風の人のための食事を宅配してくれるサービスを利用するのも良い方法と言えます。

読んでみよう

慢性腎不全の栄養

和食

栄養の制限

腎臓病とは、糖尿病や糸球体腎炎など様々な要因で、腎臓の機能が十分に働かなくなった状態です。初期では特に自覚症状がありませんが、進行すると慢性腎不全となり人工透析が必要になるなど、継続的な治療が必要になります。腎臓病は、食事療法や運動療法、薬物療法で治療を開始します。運動療法とは、生活習慣病の一般的な治療と同様、定期的で適度な運動が必要です。食事療法は、塩分やカロリー、リン、たんぱく質、カリウムの制限・調整をすることが必要です。それぞれを十分に配慮することで、腎臓病の進行や悪化を食い止めることができます。その中で、人工透析を始める前と、始めてからでは食事療法の方法が異なります。その病気や症状に合わせて、食事をコントロールする工夫が重要になります。

人気な宅配サービス

腎臓病の食事療法は、病状管理の基本です。いくら運動療法や薬物療法を実施しても、食事を怠ると病状はどんどん悪化します。そのために腎臓病を診断されたら、早期から医師や栄養士と相談して自分の病状にあった食事療法を行っていきます。しかし、高齢や障害など、色々な状況で自身で食事が作れない場合には、課題が生じます。調理をしてくれる家族がいる場合はいいのですが、いない場合には食事療法を行うことができません。このような場合には、いろいろな事業所が行っている宅配サービスを活用することが重要です。宅配サービスとは、腎臓病の制限に合わせて配食を受けるサービスです。温かい弁当を受け取るサービスや、冷凍食を受け取るもの、レトルト食品を受け取るものなど多様にあります。生活スタイルに応じて、利用することができ、腎臓病の療養を行ううえで、重要なサービスです。

難しい制限を簡単に工夫

婦人

腎臓病で食事療法をすると、制限にこだわるあまり食事を作るのは大変だと言われます。しかし、数字だけを見るのではなく実際に使う食材の量を目で見ると、腎臓病の食事療法を気楽に考えられるようになるので考え方の工夫を身につけましょう。

読んでみよう

重篤な状態になる前に

和食

高血圧は、血管に大きな負担をかけてしまうので、動脈硬化や脳卒中などの症状を引き起こすことがあります。血圧を下げる薬もありますが、日々の食生活の改善が大切です。高血圧の食事療法は、減塩がメインになります。減塩された食事は味が物足りなく感じますが、酸味や出汁で補います。

読んでみよう